自転車の保険に入る | 瑕疵保険に加入しておけば欠陥住宅に住んでしまった場合でも安心
説明

自転車の保険に入る

女性

自転車は自動車に比べると事故が少ないというイメージがありますが、自転車事故も決してないわけではありませんし、自動車事故と同様に大きな事故になる可能性もあります。交差点で歩行中の老人と接触すれば、自転車であっても死亡事故になりかねません。そうなれば賠償金も1億円近い金額になる可能性もあります。また、坂道でスピードを出しすぎて自分で転んでしまった場合でも、自転車事故であれば大けがを負う可能性もあります。自転車を運転する可能性が高い人は、人を傷つけてしまっても、自分が傷ついてしまってもいいように、自転車保険に加入しておくことが安心です。最近では様々な保険会社が自転車保険のメニューをつくっていますので、加入する際には比較検討が大切です。

自転車保険は月々数百円から千円程度と比較的安い金額で加入することができますが、年間の保険料に換算すると一万円程度の出費になりますので、決して安いわけではありません。そのため、自転車保険への加入を検討する場合には、まずは、自分の加入していてる保険で対応できないかどうか検討する必要があります。既に生命保険等に加入している人やクレジットカードを所有している人、賃貸住宅に住んでおり、家財保険に入っている人などは自分が加入している保険の内容を確認しましょう。他人を傷つけてしまった場合の個人賠償保障に入っていたり、自転車事故でも対象になる生命保険に入っているのであれば、あらためて自転車保険に入る必要はありません。